働きながら転職活動するなら


退職までの期間を確認

転職を考えている看護師の4人に3人が働きながら転職活動を行っていると先述しましたが、退職してから転職活動をすることに比べると、働きながら転職をする場合、転職前の職場と新しい職場との兼ね合いに苦労するケースがあります。まずは現在の職場を辞めるにはどれくらいの期間を要するのか、事前に確認しておくようにしましょう。
また、就業規則を確認し退職を希望する場合はどのような手続きが必要なのかも知っておく必要がありますが、いつまでに告知が必要なのか、といった部分もよく確認しておくようにしましょう。そうすることで、ある程度余裕を持って退職日に目処をつけることができます。退職に向けてこういった準備をしておかなければ、転職先にも迷惑がかかってしまうことがあるため注意しておきましょう。

転職活動中であることは口外しない

働きながら転職活動をしていく場合、一緒に働いている看護師仲間につい転職を考えていることを言いたくなるかもしれません。ですが、転職活動をしていることをどんなに仲の良くても口外しないことをおすすめします。なぜなら、転職活動をしている中で現在働いている職場が良く見えてくることもあるため、転職自体を思い留まる可能性もありますし、転職に関して良いイメージを持っていない人に転職を考えていることを知られて仕事がしにくくなってしまうこともあるからです。

スケジュールを立てる

看護師の職場には忙しい時期があったり休暇を取る人が多いことで人手が足りなくなる時期があります。このような職場の事情を汲んでいつまでに転職活動を終わらせるか、スケジュールを立てることも大切です。働きながらの転職活動では退職に関する手続きや期間も重要になりますので、余裕を持ってスケジュールを立てるといいでしょう。

転職は焦らない

働きながら転職する場合、多くの方が陥ってしまうのが転職を焦るばかりに転職に失敗してしまうことです。転職を考えている方の中には現在の職場を早く離れたいという方も多いと思います。特に人間関係を転職の理由としている場合に多いため、なおのこと焦りは出ますし、一刻も早く辞めたいと考えてしまうことでしょう。ですが、焦って転職活動をしてしまうと判断が鈍ってしまいますし、就業条件などを見落としてしまったり妥協をしてしまったりなどあまり良い結果に結びつきません。転職を成功させようと考えているのであれば、情報収集をしっかりと行いながらなるべく多くの求人を比較し検討する必要があります。

働きながら転職活動するなら